英検を受験して、社会人にはTOEICよりも英検を受けるべきだと思った。

2018年7月12日 0 投稿者: english-otter

 

はい、どうも!ヤマダカワウソだよ。
今回も頑張っていこう。

さて、世の中には英語関連の資格が多数存在する。
その中でも、多くの日本人が受験するのがTOEICと英検だね。

ぼくもついこの間(7/8)英検1級の二次試験を受験してきたよ。
感想はこちらに書いてあるよ

2018年度第2回英検1級 二次試験  受験感想

それで、就活などで個人の英語力を測る際、多くの日本企業では英検よりもTOEICを重視しているように思う。

どちらかといえば、英検は中高生が受験するもので、TOEICは大学生・大人が受験するもの、という印象があるんじゃないかな。

実際、年代別の受験者数は、中高生(高専含む)が英検280万人・TOEIC4.2万人なのに対し、大学・短大生は英検8万人・TOEIC32万人と、逆転している。

(参考URL: http://www.eiken.or.jp/eiken/merit/situation/  http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/DAA.pdf

世間では、英検は中高で受験し、TOEICは大学で受験するもの、という認識があるみたいだね。

しかし僕は、この二つでいえば、TOEICよりも英検の方が、企業にとって優れた資格試験なんじゃないかと思う。

もちろん、TOEICも優れた試験だとはおもうけれど、「社会人として役立つ」英語を考えるにおいて、英検の方が圧倒的に採用基準として適切なのではないかと思うよ。

今回は、そう思う理由を考えていこう。

技能の試験は社会に必要なのか

リスニングとリーディングしか測れないTOEIC

まず、二つの試験の特徴を見ていこう。

一般にTOEICと呼ばれるのは、TOEIC L/R試験、つまりリスニングとリーディングのみ測る試験となっている。

S/W試験もあることにはあるけれど、この試験を受験している人は2017年度でわずか3万8000人ほど( http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/sw/pdf/sw_transition_2017.pdf)

L/Rの受験者が250万人ほどであることを考慮すると、S/W受験者はL/R受験者の1.5%ほどしかいない。

というわけで、ほとんどの人はTOEICをリスニング・リーディング試験でしか受験していない、ということになる。

しかし、これはどうなんだろう?

 

例えば、会社で英語を使う機会を考えてみよう。

確かに海外の取引先と電話やメールをする機会はあるだろう。すなわちリーディング・リスニングは重要だ。

しかし、リスニング・リーディングは受け身の能力でしかない。メールを読んだら、それなりの文を書いて返信しなくちゃいけないし、電話の内容を聞いていて何も返事しなければ相手に「なんやこいつ」と思われるだろう。

リーディングが必要な場ではライティングが、リスニングが必要な場ではスピーキングの能力が、それぞれ必要になるだろう。しかしTOEIC(L/R)で測れるL/Rのはその一方だけ。

ビジネスは試験と違って、理解度確認のための問題文や選択肢などない。だから、文や会話内容を理解していることを示すためには、文を書くなり返答するなり、アウトプットの能力が必要となる

 

TOEICのL/Rだけで英語力を判断する企業はそのことを理解しているのだろうか?それとも、メールや電話の返答はテキトーな文法でいいのだろうか?そう思わざるないよ

せめて、L/Rだけではなくって、S/Wまで含めたTOEICの点数で、援護力を評価していただきたいものだね。

英検は4技能全部できないと受からない

一方の英検。

2016年試験より、CSE試験という制度が導入された。

簡単にいえば、4技能全部の項目で得点しなきゃ合格できないという制度になった。

それまでの点数制では、リーディング試験やライティング試験で満点なら、リスニングで0点でも一次試験に合格できた。リーディング試験の配転が高かったからだ。

しかし、それ以降の英検では、4技能すべての配転を公平に分配する、つまり、リスニングやライティングの配転が高まったことになり、今までのように特定の分野で0点でも合格できる、ということはなくなった。

とはいえ、英検1級や準1級の長文問題・単語問題はあてずっぽうで正解できるようなモノではない。4技能バランス良く鍛えないといけない試験に変更されたんだ。

 

ということは、例えば英検1級取得者を企業に採用すれば、少なくともある程度のとこまでは読めて聞けて書けてしゃべれる人材を採用できる、ということになる。

ビジネスに役立つ試験は、こういった4技能型の方だと思うんだけど、どうだろうね。

「純粋な英語力」だけ測ってどうするのか

TOEICは英語力「だけ」を測る

さてもう一つ。TOEICと英検との違い、というか2技能と3技能・4技能試験との違いがある。

それは、純粋な英語力だけを測っているかどうかだ。

 

一見、英語の資格なんだから、純粋な英語力を測るのがよさそうだよね。

でも、本当はそうではない。TOEICでは英語力だけが測られるのに対して、英検の英作文・面接では最低限度の「英語以外の知識」が問われる。

 

どういうことか。

TOEICでも英検でも、リーディング試験・リスニング試験では、前知識を必要としない。特に英検の文章は雑誌のように様々なジャンルの英文章が出されるけれど、例えばリンカーンに関する文章を読む際にリンカーンや奴隷の知識が必要なわけではない(事実と異なる内容を出すことはないだろうから、幸運にも精通していれば満点取れるけどね)。この点、つまり「読めれば解ける、聞ければ解ける」というのはどんな試験も変わらない

しかし、それだけでしかない。こういった試験では他の力を測れないんだ。

他の力とは、具体的に見ていこう。

 

例えば、世界で通用するには自分の意見を言えなくてはいけないといわれている。あるいは、自分の意見を論理的に組み立てて発信する力は、学術・あるいは政治の世界では必須だし、そのスキルが弱いということは、藪中三十二氏など多くの国際経験者が言っている。

そういった、論理構成能力・発信力というべきものは、TOEICでは測れない。

あるいは、東大英語で出題されるような「要約力」さえも出されない。(英検では「●●氏の考えとして最も適切なものを選べ」という形で、この力が試される)

 

英語は言葉なんだから、言語運用に必要なこういった技量を求められない、考えることを必要としない「純粋な」英語力だけを測っている試験には、問題があるんじゃないかな。

面接では「英語力以外のところ」も測る

一方の英検では、そういった力が主に英作文問題・面接で試される。

なにか意見を言うにあたり、その理由を複数上げなければならない。

 

しかも、トピックが「経営危機に陥った企業は政府のサポートを受けるべきか」のような、すぐには結論が出ないような場合がおおい(英検1級の場合)。

これで合格点をもらうためには、英語力だけでなく、ある程度の知識・知力とよぶべきものも必要だろう。

「読めれば解ける、聞ければ解ける」だけではない、「考えないと解けない」問題は、リスニング・リーディングだけの試験ではなかなか難しいんじゃないかな。

 

まとめ

社会人はTOEICより英検を受けるべきだ

以上より、英検はTOEICと違い

・4技能である

・英語力以外の知力が試される

という点で、ビジネスパーソンに必要なスキルを得ることができると考えているよ。

 

たしかにTOEICは入社試験で英検以上に優遇されるかもしれない。

でも、入社以降、もし国際的な場で活躍したいのならば、TOEICだけでなく、英検の準1・あるいは1級を取得する、あるいはそれに近い勉強をした方がいいんじゃいかと思うよ。

 

今回はここまでだよ。

本当の意味で英語のできる人を採用する企業がふえたらいいね(^●ω●^)

 

2018年度第二回英検1級二次試験 受験感想

第233回TOEIC感想

Meetup(ミートアップ)で外国人と交流して色々学んだ話

英検の検定料値上げについて思うこと

 

 

 

TOEICの対策ならお任せ!