外国語学習最大の障壁に、韓国語を勉強してぶつかった。

2019年2月17日 0 投稿者: yamada-otter

はい、どうも。ヤマダカワウソだよ。

今日も学んでいこう。

 

現在僕は韓国語をゆるゆる学習中だよ。

英語、スペイン語、大学1年ですこしだけかじった中国語に続き、自身で4つめの外国語となるよ。

しかし、この韓国語を勉強するにあたって、今まで学習してきた言語では体験しなかった、巨大な壁にぶち当たっているよ。

 

今回は、僕が現在韓国語学習において直面している障壁を書くことにするよ。

外国語を学習する方はぜひとも役立ててほしいよ。

 

 

壁1.文字をゼロから覚える必要がある

アルファベットでも漢字でもない

まず、韓国語学習にあたっての壁その1。

それは、日本人の多くになじみのない文字が使用されているという点だ。

 

多くの日本人にとってなじみの深い文字は、かな文字、漢字、アルファベット(+数字)だろう(理系の人であれば、これに一部のギリシア文字が加わる)

そして、ある言語で使用される文字が、もともとなじみがあるかどうかで、抵抗がかなり違ってくるんだ。

 

 

スペイン語はÑ以外は英語と同じ。発音は違うこともあるけど、英語と似た単語もあり、とっかかりがある。

中国語は、音声は死ぬほど難しいけど、漢字でとっかかりはあった(簡体字になっているのが逆に難しい、というのはあるんだけれどね)。

 

すなわち、スペイン語で知らない単語が出てきても、たとえスペイン語初心者であっても『なんとなく読める』。

中国語をさほど知らなくても、漢字を見れば『うすぼんやりわかる

 

しかし、韓国語は、そういった言語とちがう。ハングル文字をゼロから勉強しなくちゃいけないから、スペイン語や中国語の学習では体験できた『うすぼんやりわかる』が存在しない。

 

これが、韓国語学習最初にして最大の障壁ではないかと思うよ。

ただし、文字の読み方に規則があるため、一度コツさえつかめてしまえばハングル文字もすらすら読める(はず)

 

だから、日本語のひらがなを学ぼうとする外国人の人や、タイ語やロシア語の学習者と比べると、はるかに弱い壁であることも、理解はしているよ。

とはいっても、やっぱりスペイン語と比べると、最初のスタートが高難易度なのは変わらないとおもうよ。

 

壁2.興味がわかない

 

そして、障壁その2。

そもそも韓国という国やそこの文化に強い嗜好があるわけではない。

 

僕がスペイン語を学び始めたのは、アルゼンチンに友人ができ、南米の文化に興味を抱いたからだ。

しかし、韓国語には、そういうのがない。

 

僕が韓国語を勉強しようと思った理由は2つ。

① お金になるから

② 朝鮮半島が今後国際的に重要な地域となり得るから

だ。

 

①に関しては、例えば観光業において顕著だろう。

訪日外国人の国籍でトップを占めるのは、たいてい韓国か中国だ。

僕の大学にも、中国や韓国の留学生は結構いる。

 

だとすれば、中国語や韓国語を学べば、彼らの旅行ガイドができるだろう。

これは、日本政府が観光立国を目指している現在において、『儲かる』勉強なのではないか。

僕はそう考えているよ。

(中国語は四声と呼ばれるアクセントがとてつもなく難しいから、発音が比較的楽そうな韓国語を選択しているよ。)

 

②については、御存じの通りだ。

日韓関係は5年おきぐらいに悪くなったり回復したりを繰り返している。

さらに、トランプ大統領のおかげ(?)で、朝鮮統一の可能性が少しばかり増大した。

今後しばらくは、朝鮮半島は国内的にも国際的にも重要な場所となることは間違いない。

 

そのような地域で、日本がどう報道され、韓国のネット上で日本がどういう風に言われているか、それを知る必要がある。

 

そういう目的で、僕は韓国語を学習し始めた。

 

学習し始めたはいいけれど、興味がないものは、いくら勉強しても続かない。

ちょうど、勉強する意味を教えられずに強制的に勉強させられる子供に学習意欲がわかないのと同じ状況だよ。

 

文字通り五里霧中、ゴールにさほど夢がないので、迷っている状態だよ。

 

今回はここまでだよ。

現在、僕が韓国語学習においての障壁からわかったことは2つ。

・韓国語やロシア語のように、表記がローマ字(ラテン文字)や漢字でない言語はとっかかりがハード

・話者地域の文化や歴史に興味がなければ、外国語学習はつまらない

だよ。

外国語を新たに勉強する人は、ぜひとも参考にしてみてね(^●ω●^)。


 

コチラもオススメ!

韓国語 勉強します

なぜいま多言語学習なのか、メリットを考えてみる

TOEICの対策ならお任せ!