2019年度第1回英検1級試験の申し込みをしました

2019年3月26日 0 投稿者: yamada-otter

はいどうも、ヤマダカワウソだよ。

英検1級の申し込みをしたよ。

受験料が値上げされてから初めての受験となるよ。

英検の受験料値上げについて思うこと

 

今数えてみたら、一次試験免除の回を含めて(おそらく)8回目の受験となるよ。(そのうち1つは一次免除・二次不参加で事実上の不戦敗)

一回あたり払う金額も半端じゃないし、これだけのお金をかけてなお結果を出せていないのはふがいないよ。

もう何度も言っていて常套句のようになってきているけれど、次で最後にしたいよ。

 

一次免除申請なし

四技能貯えた状態で合格したい

今回、思うところがあって、英検1級を一次試験免除無しで申し込んだ。

前回一次試験に合格したから一次免除可能なんだけれど、今回はその特権を使わないことに決めたよ。

 

というのも、前回一次免除を四回行使しておもったことがあるんだ。

一次免除を経験してわかったのは、二次試験の勉強だけでは一次試験合格に必要とされる能力が著しく低下するということだ

もとから洋紙は読んでいるからリーディングは楽勝だったし、リスニングもTOEICなどで少しはやっているから大きく落ちることはなかった(もとから苦手だったというのもあるけれど)。しかし、単語の知識が本当に抜け落ちていた

あまりに知識の欠落がひどかったから、準1級レベルの語彙からやりなおしたよ。

一次試験合格時に1級レベルの語彙力をつけていたにもかかわらず、準1レベルさえ怪しくなっていた。数にして、6000語くらいは忘れていたのではないかとおもうよ。

 

また、英作文も元は得意だったけれど、あらためてやってみたところ、目標時間内に書ききれなくなっていた。

英作文や難単語はTOEIC(L/R)では必要とされない能力・知識だし、英検の一次試験を受けない限りすぐに失われていくのではないかと思うよ。

 

どうせ合格するなら、四技能すべてそろえた状態で合格したいよ。

だから、一次試験免除の権利を今回は放棄するよ。

 

 

学習法

さて、お金も無尽蔵にあるわけではないし、時間も有限だ。いつの間にかもうすぐ社会人になろうとしている。(当記事投稿日に大学を卒業しました)

そんなわけで、勉強法にもこだわっていくよ。

 

今までは、なるべく独学にこだわっていたけれど、やはり二次試験は相手に採点してもらわなければ成長できない。

 

というわけでオンライン英会話に任せることにしたよ。

とはいっても、現在やっているネイティブキャンプからはいったんおさらばすることになる。

というのも、ネイティブキャンプはTOEIC対策や英検対策もしているけれど、それぞれ800点コース・準1級コースまで。

月額で練習し放題なのはいいけれども、英検1級・TOEIC900点を狙っている人にはレベルが物足りないところもある。

それ以上の勉強をしようとするのならば他の手段を使わなければならない。

 

というわけで、英検1級の対策を行っているmytutorに一時的に乗り換えることにするよ。

あくまでもネイティブキャンプは基礎力向上を目的にして、英検1級の二次試験合格に最適な方法として、こちらに切り替えることにするよ。

 

今回はここまでだよ。

まずは英検1級に合格すること。話はそれからだ。そういう思いを元に、再度試験に挑戦してみるよ(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

2018年度第3回英検1級二次試験結果

2018年度第3回英検1級一次試験 結果・感想

TOEICの対策ならお任せ!