愛国者こそ英語を学ぶべきだと思う

2019年7月1日 1 投稿者: yamada-otter

はいどうも、カワウソだよ。

なんかおどろおどろしいタイトルにしたけれど、別に政治的な問題ではないよ。

単に、日本文化が好きな人、日本の伝統が好きな人こそ、英語を勉強したらいんじゃない?って話だよ。

そう思ったのにはいくつか原因があるのだけれど、大きく2つだ。

一つは、日本から逃げるために英語を勉強している人が多いということ。

そしてもう一つが、日本再生のため、また、日本が文化侵害を防ぐためには英語の習得が不可欠だと思ったということだよ。

今回は、この2つについて詳しく話していくよ。

『保身のために』英語を学ぶ人

『日本死ぬから』英語をする人

日本人で英語を勉強している人の中には、身を守るために勉強している人がいる。

本人の名誉のために名前の公開は控えるけれど、例えば、純ジャパバイリンガルを自称する大学生のG氏は、英語をする理由の一つは『将来的に日本は死ぬから』であるという内容のツイートをしていた。

もちろん、だれがどう思おうか知ったことではないし、どういう思いであれ英語の学習自体は責められるものではない。

しかし、僕自身は、こういった『逃げ』の理由、『ネガティブ』な理由から英語をしる人とはなるべく接触しないようにしているよ。ツイッターでフォローもしていないしね。

確かに、僕自身、このままでは日本の影響力は著しく低下するし、正直今のやり方では多くの人が生活しにくくなるだろうと思っている。人口減少のスピードに対して、政府・自治体の行動は極めて遅いと感じているよ。

しかし、だからこそ、『どうすれば日本を再活性化できるか』を考えていて、そしてそれを実現化させるためには英語によるコミュニケーションが必須なんだろうなと思っているよ。

もちろん、日本から脱出するために英語を勉強するのも間違いではないと思う。事実として、発展途上国で英語を含む多言語を扱える人はそういう意思で勉強しているしね。

しかし、どうせ英語を勉強するのであれば、もっとポジティブな理由で勉強した方が続くだろう。

一部ナショナリストの人のように、何でもかんでも日本素晴らしい論を語るつもりは毛頭ないけれど、かといってこの国にまったく可能性がないというわけでもないと思う。

どのようにして、英語を日本再生に活かしていくかは後述するけれど、どうせなら自己保身的英語学習よりも、貢献的・利他的な英語学習をしたほうが、より幸せに学び続けられるのではないかな。

その意味で、タイトルに『愛国的』と書いた次第だよ。

日本を救うために日本語だけではダメ

英語ができなければkimonoが侵略されていた

上で書いたのは単に僕の意気込みなのだけれど、より一般論として、多くの日本人が英語を使って戦わなければいけない時代が来たと思っているよ。

そう思った一因が、最近(2019年6月下旬)に起こったkimono騒動だ。

アメリカ人デザイナーのキム・カーダシアン氏が、自らの会社のデザインする下着にkimonoと名付けて売り出そうとした。

どうも、着物に対する尊敬とかではなく、単に自分の名前Kimにあやかって、世界に知られているkimonoという名前をつけようとしたようだよ。

で、このkimono騒動を日本に知らしめた一人が大石結花さんだ。

キム・カーダシアンの新しい下着ブランドがKimonoって名前で、商標登録された。
文化の盗用どころか、Kimとかけた、日本の着物とは全く関係ない名前。
今後、ハッシュタグとなり、ブランド名として認知され、本来の着物という存在はどんどん薄れていくだろう。

日本人怒っていいよこれは😡 https://t.co/1OtZn0UQoZ— 大石結花 // Yuka Ohishi (@yukaohishi) 2019年6月25日

Naming your product/startup with Japanese words might seem hip and all, but it really sucks for us when our culture is diluted by names of brands that don’t have anything to do with what the word actually represents.
And better yet, trademarking it? F NO.https://t.co/8pFaEGdXI2— Yuka Ohishi (@0oyukao0) 2019年6月25日

日本人だけでなく、多くの国の人から批判を受け、結局ブランド名を変更することになった。

あるいは、アメリカの高校のロゴマークが原爆のきのこ雲だったことに疑問の声をあげた日本人留学生についてのニュースもあった

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190613/k10011950881000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

残念ながら、世界には、日本の文化・歴史・タブーなどについて知らない、ありは軽視している人が少なからずいる。

そういう人と戦うため、世界を味方につけるためには、やはり英語は必要となってくるのではないかな。

というわけで、日本の文化や歴史を守りたいという人は、ぜひとも英語を勉強してほしいよ。

日本を守るのに通訳案内士はオススメ

観光は日本の希望

さて、では日本を守るために英語をどう使っていけばいいだろうか。

僕個人としては、通訳案内士になることは日本を救う一つの方法だと思っているよ。

その理由は主として2つ。

ひとつは、観光業は伸びしろが大きいから。

観光庁の資料によると、2017年の訪日外国人数は2869万人。2007年と比べて3.4倍になっている。なお、観光収入は4兆円を超している(2017年)

不景気ではあるけれど、少なくとも観光産業そのものは、きわめて大きな可能性を秘めている産業だとおもっているよ。

通訳案内士がオススメな理由その2は、日本について知れるから。

通訳案内士試験は国家試験だ。当然ながら難しい。

ただ、難しいのは英語試験ではなくて、日本地理や一般常識といった科目だ。

例えば、小千谷縮は絹織物か麻織物かとか、そういうレベルの問題が出題される。

こういう問題を解いていくうちに、どれほど日本について無知だったかを思い知ったよ。

こういう伝統工芸品や伝統芸能を良く知っておけば、例えば100円ショップのグッズを過剰に外国人に押し売りする礼賛番組を作る必要もなくなってくるのではないかな。(もちろん100円ショップのグッズの便利さは身をもって知っているつもりだけれど)

逆説的かもしれないけれど、日本の歴史や地理、あるいは文化についてよく知っていれば、過度な礼賛も過度な卑下もせず、より客観的に日本という国を見ることができるのではないかと思うよ。

以上の理由より、通訳案内士など、観光業にかかわるオススメだよ。

今回はここまでだよ。

上品な伝統的衣装が下着に変えられる前に、僕たち一人ひとりの手で何とか対処していきたいね(^●ω●^)

コチラもオススメ!

TOEICの対策ならお任せ!