僕がこの時代韓国語を勉強する理由

2019年9月3日 0 投稿者: yamada-otter

はいどうも、カワウソだよ。

2019年9月現在、徴用工やホワイト国、GSOMIAなどを巡って日韓関係は戦後最悪といわれるほど悪くなっている。

テレビのニュースでは毎日のように韓国関係のニュースが流れている。

 

しかし、そういう状況において、僕は韓国語を学び続けている。

Duolingoで韓国語を勉強し始めたのが2月ごろ、徴用工問題が起こって2ヶ月ほどしかたっていない。当時書いた記事を見ても、『戦後最悪の関係』と書いていた。

韓国語 勉強します。

 

では、関係が悪化した時期に韓国語を勉強し始め、そして今もなおし続けているのか。

今回は、その理由をありのままに書いていくよ。

 

 

韓国が大好きなわけではない

韓国は『好きでも嫌いでもない国』

 

韓国語を勉強する理由として真っ先に上がるのが『韓国の文化が好きだから』だろう。

特に、女性がそういう理由を挙げているように思うよ。

 

確かに、ビッグバンやKARA、現在ではBTSが人気だ(Tシャツ問題以降日本のテレビではほとんどうつされなくなったけど)。

あるいは、チーズタッカルビをはじめとする韓国料理が好きだという人もいるだろう。

 

しかし、僕自身、韓国のアイドルや韓国料理、あるいは伝統文化が好きだというわけでは全くない。

本当に一切興味はない。むしろチーズタッカルビもサムゲタンも食べたことがないし、新大久保にも今まで2回くらいしか言ったことがない(しかも行った理由も韓国と全く関係ない)マッコリは飲んだことあるけれど口に合わなかった。

 

逆に、反韓だという意識もない。

そもそも韓国が嫌いな人が、わざわざ韓国語の文法や基本的な単語を覚えるような真似はしないだろう。せいぜい罵詈語を韓国語でどう言うのか調べるくらいだ。

実際、大学時代に韓国人の友人も何人かいたし、しかし彼らの国籍が特別気になるということは無かった。せいぜい日本語がネイティブじゃないというくらいで、その人のことを『韓国人』だと意識した記憶はない。

 

一言で表すと、韓国は好きでも嫌いでもない国だ。

 

 

経済的な理由で韓国語を学ぶわけでもない

観光業の観点では、韓国語は思ったほど儲からない

 

では、経済的な理由からだろうか。

それも違う。

これは通訳案内士の勉強をしているときに初めて知ったのだけれど、観光の面でいうと、韓国語をマスターして韓国人観光客を大勢案内してもさほど儲からない。

単純比較はできないけれども、多分中国語を勉強した方が3倍近く儲かる。

 

観光庁の調査によると、2018年、一般の訪日外国人は、日本で一人当たり平均15万円消費する。

中でも多いのが、中国(22.5万)イタリア(22.4万)オーストラリア(24.2万)だ。

中国は訪日客数自体世界一だし、中国人の日本への貢献の度合いは他を圧倒している。

 

一方の韓国、日本へ旅行での一人当たり消費額は7.8万円。これは、観光庁のデータで公表されている20カ国の内で最低の数字だ。

2番目に低いのがフィリピンの12.2万円であることから、その低さが圧倒的なことがうかがえる。

 

個人的には、国民性というよりかは、地理的な近さが消費額の低さの要因と考えているよ。

実際、訪韓外国人の中では日本人が一番消費額が少なく、800ドル程度だという情報もあるしね。

訪韓外国人観光客の中で「最もケチ」は日本人 調味料が人気

 

 

とはいえ、韓国語をマスターして多くの韓国人観光客を100人よぶよりも英語をマスターしてオーストラリアから50人呼ぶ方が、日本経済への貢献は大きくなるというのは事実だろう。日本経済だけでなく、通訳案内士本人の給料にも影響してくるかもしれない。

 

勉強し始めたころは韓国語は儲かると思っていたけれど、少なくとも観光業の立場でいえばさほど儲からないということを発見したよ。

 

 

なぜ韓国語を学ぶのか

真実をこの目で見たいから

 

韓国が好きなわけでもない、経済的にお得なわけでもない、ではなぜ僕は韓国語を学ぶのか。

その答えは、真実を知りたいからだ

 

どういうことか。

ひとことで言うと、マスコミへの不信だ。

 

とある池上彰が司会をつとめるある番組で、韓国人の反日感情について取材したVTRがあった。

そこである少女が「日本は嫌いです。だって韓国にひどいことをしたじゃないですか」と字幕が出ていた。

しかし、その字幕は全く正反対の意味だったそうなんだ。

実際の訳は、『日本は好きです。いろんな文化を我々も楽しんでいます』ということだった。

 

親日のことを言っても反日発言者として扱われる、これが日本のマスコミだ。

 

このように、マスコミは、もともと持っている結論に合わせるように取材内容を切り取り、時として改ざんする。

 

これが、僕が韓国語を勉強する理由だ。

 

もちろん、ただそれだけならば、翻訳機を使えばいいかもしれない。

しかし、翻訳機だけでは、実際に韓国へ行って、一対一の対話には困らないだろうけれど、周りで侮辱されていても気づかない。

あるいは、韓国人がネットで何をつぶやいているか、一つ一つ翻訳機にかけるのでは時間がかかる(少なくとも今の技術では)。

 

だとすれば、そのまま韓国語の文法や単語を覚えてしまった方がはやい。そう判断して、今韓国語を勉強中だよ。

 

今回はここまでだよ。

政治の対立が、人々の対立へつながらないことを望んでいるよ(^●ω●^)

 

 

コチラもオススメ!

韓国語 勉強します。

TOEICの対策ならお任せ!