カワウソが人間界最強の言語を手にする物語

カワウソは、英語する。

英語 英語-TOEIC

茂木健一郎にTOEICの必要性を説明してみる

更新日:


TOEIC撲滅論者を自称する茂木健一郎さんが、またもやブログを更新したよ。

TOEICは要らない。

 

このブログの中で茂木氏は、TOEICのような無味乾燥な英語を読んで何になるのか疑問を抱いている。

 

ぼく自体、TOEICを偏重したり、TOEIC以外で英語に触れないのは問題だと思うよ。

試験に向けてではなく、「英語使用者」としての英語を学ぶ

もしも多くの人がTOEIC以外で英語に触れず、TOEICの無味乾燥な文章だけ読んで『英語はつまらない』と思っているのなら、それは回かKうが必要だと考えている。

 

しかし、そんなTOEIC否定派の僕でも、TOEICそのものは必要だと思っているよ。きょうはそのことを考えていこう

塾を安易に否定するのはよそうちきりん氏、茂木健一郎への意見

 

TOEICだけで近眼的に見るな

TOEICは英語に触れる良い機会となり得る

 

茂木健一郎さんはブログでこう書いているよ。

ぼくがTOEIC撲滅派なのは、何よりも、TOEICが扱っている英文が陳腐で砂を噛むようだ、ということにつきる。-茂木健一郎 TOEICはいらない

 

この意見には強く賛成しているよ。

 

TOEICの文章・音声の内容は、セミナーの広告だとか行事のメールとかだ。

こういうのを読んだり聞いたりするのは、正直全く面白くない。

 

点数が取れることではなく、TOEICの文章内容そのものを面白いと思っている人がいたら、それは見ている世界が狭すぎるのではないかと思っているよ。

 

 

ただ、それを理由にTOEICをなくせというのはどうなんだろう?

確かに、TOEICマニアのような人はいる。そういう人は、TOEICの文章を読みまくったり聞きまくったりしているすることに快感を得る集団だ。

そういうマニアも、外部からするとちょっと変わっているように見える。

 

でも、そうじゃない、一般的な就活生・転職社会人の場合はどうなのだろうか。はたしてTOEICがつぶれて何か好転するのだろうか。

TOEICを潰したところですべてが解決されるかと言えば、そうはならないと思うよ。

 

もしもこの世からTOEICが抜けたらどうなるか。

英語資格としてTOEICの次に有名なのが英検だけれど、その英検は年3回しか受験できない。

TOEICが年10回受けられるのと比較すると、少なくとも語学学習に関心のない人にとって、英語に触れる機会が減ってしまわないだろうか。

 

 

逆に、TOEICを毎回受験しているような人は、むしろTOEIC等の資格試験以外の部分でも英語に触れている。

有名どころだと、英語妹さん などがそうだ。

彼は、TOEIC990点をとりながらも、洋書を読んだり英語でニュースを聞いたりしている。

彼に限らず、TOEICで高得点を取得している人は、TOEIC以外でも英語にふれている。

 

何が言いたいかというと、

TOEICがなくなれば、英語にふれない人はより触れなくなるし、触れる人は変わらずに英語に触れ続ける

ということだよ。

 

このグローバル時代、英語に触れない人口は少ないより多い方がいいだろう。

だとすれば、英語学習に興味のない人が英語に触れる機会を提供するという意味で、TOEICは必要なのではないかな。

英語より、中国語よりお得な言語がある!?

 

企業がTOEICを採用するのはCPUの省力化

 

さて、茂木さんのもう一つ意見を見てみよう

そもそも、英語力は話したり書いた文章を読んだりすればわかる。日本企業がTOEICに頼るのは、つまり自分たちには判断する能力がないということだろう。

 

めちゃくちゃに言っているね。

 

ただ、外部試験に頼るから、自分たちに英語を測る能力がないとするのは、あまりにも乱暴で、現場を知らない人の理屈としかいいようがない。

 

多くの企業では、全員が全員、すごく高い語学力を求められるわけじゃないし、多くの企業において、TOEIC900点台の人は少数でいい。だって英語専門の会社ではないのだから。

 

逆に英語学校だったら、独自の試験を課すだろう。

 

しかし、英語を専門としない企業が独自の英語の試験をしたところで、それで得られるものは企業にとっておおきくはないのではないだろうか。

英語試験を専門とする企業の試験を採用する、いわば外注した方が、よほどコスパがいいんじゃないかな。

内村鑑三『代表的日本人』を英語で読んでみた。

 

TOEICの勉強は少なめに

ただ、ぼく自身、茂木さんに賛成するところもあるよ。

 

それは、『TOEIC対策』についてだ。

 

英語の即戦力という意味だったら、いわば『レトルト』の英語試験の勉強よりも、TEDや英字新聞見た方がまだリアルな英語力を築ける。

 

あるいは、同じ英語試験でも、英検なら、対策していく点で政治や歴史について触れることができ、ひろい教養を身につけるという観点では、TOEICより数段上だよ。

英検ならライティングとスピーキングもついてくるしね。

 

実際、TOEIC L/R だけで英語力を判断するのは極めて危険だと思っている。ライティングやスピーキングを一切測らないのは、確かにグローバル人材を求めるうえでは偏っている。

 

だから、TOEICの有用性は今後減っていくと思うし、TOEICばかり勉強するのはコスパが悪いと思う。

だけど、TOEIC撲滅というのは、あまりにも短絡的のように思うよ。

 

あくまでも僕の主張するのは、TOEICの価値低下だ。

しかし、TOEIC撲滅という茂木健一郎氏のアイデアにはくみできない。

 

 

 

今回はここまでだよ。

TOEIC900overになって、マニュアル的勉強から早くぬけだしたいな(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

茂木健一郎さんに伝えたい。-英語学習にTOEICはやっぱり必要だ。

TOEICの対策ならお任せ!

-英語, 英語-TOEIC
-

Copyright© カワウソは、英語する。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.