カワウソが人間界最強の言語を手にする物語

カワウソは、英語する。

英語 英語-洋書

英語雑誌TIMEを定期購読して多読と語彙力補強をやってみた

更新日:

はいどうも、カワウソだよ。

 

前回、大学受験の英語4技能化の批判もあるけれど、賛成の立場をとってみる の記事で英語の4技能試験化に賛成すると同時にリーディングの大切さを考えてみたけれど、理屈だけでなく実践することが大事だと思ったよ。

 

スピーキングに際してはオンライン英会話を始めたけれど、読解力も付けたいとおもい、英語雑誌TIMEを定期購読してみたよ。

すると、思った以上にTIMEが英語学習に適している可能性が浮かび上がってきたよ。

今回は、実際にTIMEを読んで知ったこと、学んだことを書いてみるよ。

 

初めてオンライン英会話をして、スピーキングの弱さを実感した

 

TIMEは最高の英語教材である

TIMEの語彙力は12000以上

 

TIMEといえば世界で一番有名な雑誌の一つなんじゃないかな。実際に手に取ったことのある日本人は多くないだろうけれど、聞いたことある人は少なくないと思う。

毎週読む人はそんなに多くはないだろうけれど、TIMEの発表する特集が話題となることがある。

TIME 100・世界で最も影響力のある100人のだったり、THE大学世界ランキングも、タイムズ紙が発表しているものだ。

TIME 『 2018年世界で最も影響力のある100人』をよんでみた

 

内容もさることながら、英語のレベルも非常に高い。英語圏の大人が読むような雑誌だから当然だろう。

 

まずは語彙数

TIMEを読むのに必要な語彙数は? によると、すべての記事を理解するためには、12000語レベルの語彙数が必要とあるよ。

 

ただしこれは、12000語の語彙数があれば記事の98%の単語がわかるという意味だ。つまり、全体の記事の2%は意味不明な言語で構成されている。

実際に読んでみると、英検1級の語彙問題(12000~15000語レベル)でも出題されない単語も出ているから、15000語以上あるのではないかと思うよ。

 

 

 

ちなみに同サイトの基準では、小説を読むのに9,000語、英字新聞は8,000語だそう。

英語媒体の中でも必要な英語の単語数は上位に位置する、ということだね。

 

 

では文自体のレベルはどうだろうか。

あくまで経験でいえば、英検1級以上と推測しているよ。

というのも、記事ごとに分量が違うという点が関係しているんだ。

 

それこそ週刊文春や週刊新潮・あるいは日本の新聞と同じで、短いものは大統領の娘が手術を受けたとか新種の蜂が見つかったとかで読むのに30秒とかからない。

こういう記事は日本の平均的高校生も読める程度の単語・文章レベルだから英検2級ほどだろうと判断したよ。

 

The Brief Operator とか The Brief TIME with… というコーナーの記事は1ページから2ページ。このレベルだと、英検1級取得していても知らない単語が2,3個出てくる。でも、全体として何を言っているのかはわかる、というレベル。

 

一番難しいのが、Featuresと呼ばれる記事。

TIME一冊につき3記事ほど載せられる、特集記事だよ。

まず分量が6ページくらいい。これは、英検1級で一番長い文章の3,4倍以上(下手すれば5倍)の量だよ。

 

特集記事ということで、より具体的な数字・より詳細な出来事が書かれている。それを読んだうえで抽象化する、その能力が求められるよ。

その上、語彙のレベルも高まる。英検1級以上の単語が1記事当たり8~10語は出てくるんじゃないかな。

 

日本で作られる英語参考書で、レベルが英検1級以上のものはそうない。

それ以上の、ネイティブレベルを目指すのであれば、TIMEは非常に素晴らしい教材となるのではないかな。

 

TEP~定期購読で学習効果が高まる~

さて、ただTIMEを読むだけでも十分だけど、定期購読をするとさらなる得点がつく。

それが、TEP(TIME Education Program)だ。

 

なにかというと、

「TIMEが難しい」というお客様のご要望にお応えし、TIMEの記事を読んで、聞いて、書いて、見ながら英語を毎週楽しく学べるプログラム(TEP公式より)

だよ。

 

・読んでも意味が分からないって人のために日本語の抄訳が載っている

・毎週のTIMEで出てくる単語を「すべて」確認・TIME用のMy単語帳をつくる

・TIMEを題材とした読解問題がクイズ形式で毎回出される

・TIMEの文章をディクテーションする

 

こういった、英語学習者を対象としたプログラムが作られているんだ。

正直毎週読むだけでも英語力を鍛えられるのに、それを確認し向上させるシステムも設置しているんだね。

 

定期購読でどのくらいお得か

定期購読で3分の1に


とはいえ、気になるのがそのお値段。

どれだけいい教材でも、高いと躊躇するよね。

 

では、TIMEの定期購読にはいくらかかるだろうか。

答えは、1年(52号)で16,120円。1冊あたり310円。

ぼくは3か月(13号)で4504円(1号あたり346円)コースを購読したよ。

もしTIMEを単価で買うとなれば一冊あたり980だから、5号分未満の値段で13号買うことができるよ。

 

ちなみにRIZAP ENGLISH TOEICスコアアップコースは3か月で45万円。

これだけのお金があればTIMEが約28年分買えるよ。単価で買ったとしても459冊買えるよ。

 

今回はここまでだよ。

王道にして最高の道、TIME定期購読をみんなも試してほしいな(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

TIMEの英語をTOEIC・英検と比較してみた

 

TIMEのお申込みはこちらから!

TOEICの対策ならお任せ!

-英語, 英語-洋書

Copyright© カワウソは、英語する。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.