茂木健一郎さん、TOEICは必要ですよ。

2017年11月29日 1 投稿者: english-otter


TOEIC撲滅論者を自称する茂木健一郎さんが、またもやブログを更新したよ。

TOEICは要らない。

ぼく自体、TOEICを偏重したり、TOEIC以外で英語に触れないのは問題だとかんがえているよ。

試験に向けてではなく、「英語使用者」としての英語を学ぶ

でも、TOEICは必要だと思うよ。きょうはそのことを考えていこう

塾を安易に否定するのはよそうちきりん氏、茂木健一郎への意見

1.近眼的に見るな

茂木さんはブログでこう書いているよ。

ぼくがTOEIC撲滅派なのは、何よりも、TOEICが扱っている英文が陳腐で砂を噛むようだ、ということにつきる。-茂木健一郎 TOEICはいらない

これには賛成だよ。

リスニングとリーディング合わせて約120分、セミナーの広告だとか行事のメールとか読んだり聞いたりするのは、正直面白くないね。

よって、TOEIC以外に英語に触れることがない人は、偏るのではないかと思うよ。

ただ、それを理由にTOEICをなくせというのはどうなんだろう?

確かに、TOEICマニアのような人もいるとは思うよ。それはそれでどうかと思うよ。

でも、TOEICを潰したところで解決されるかと言えば、そうはならないと思うよ。

TOEIC以外にも英語の資格はあるし、それらを全て無くしたところでみんなが洋書読んだり英字新聞読んだりするかといえば、どうだろう?

逆に、TOEICで900台後半を連続でとるような人の中にも、洋書やBBCニュースでリアルな英語に親しんでいる人はいる。

Twitter界で有名どころだと、英語妹さん などだね。

何が言いたいかというと、

TOEICの有無によらず、英語にふれない人は触れないし、触れる人は触れる

ということだよ。

そして、英語に全く触れないよりかは、TOEICを勉強した方がまだマシだとも思うよ。

英語より、中国語よりお得な言語がある!?

2.企業がTOEICを採用するのはCPUの省力化

 

さて、茂木さんのもう一つ意見を見てみよう

そもそも、英語力は話したり書いた文章を読んだりすればわかる。日本企業がTOEICに頼るのは、つまり自分たちには判断する能力がないということだろう。

「めちゃくちゃにいわれているね。」

一理あるね。

ただ、それこそ変に思うよ。

多くの企業では、全員が全員、すごく高い語学力を求められるわけじゃないし、多くの場合、TOEIC900台の人は少数でいい。

英語学校だったら、独自の試験を課すだろうけれどね。

英語を専門としない企業が英語の面接をして、果たしてどれだけの人が正しく採点できるか疑問だよ。

英語試験を専門とする企業の試験を採用する、いわば外注した方が、よほどコスパがいいんじゃないかな。

内村鑑三『代表的日本人』を英語で読んでみた。

 

3.TOEICの勉強は少なめに

ただ、ぼく自身、茂木さんに賛成するところもあるよ。

「へえ。」

『TOEIC対策』だよ。

英語の即戦力という意味だったら、いわば『レトルト』の英語試験の勉強よりも、TEDや英字新聞見た方がまだリアルな英語力を築ける。

英検なら、対策していく点で政治や歴史について触れることができ、ひろい教養を身につけるという観点では、TOEICより数段上だよ。

ライティングとスピーキングもついてくるしね。

TOEIC L/R だけで英語力を判断するのは極めて危険だと、ぼくも思う。

だから、TOEICの有用性は今後減っていくと思うし、TOEICばかり勉強するのはコスパが悪いと思う。

だけど、TOEIC撲滅というのは、あまりにも短絡的のように思うよ。

今回はここまでだよ。

TOEIC900overになって、マニュアル的勉強から早くぬけだしたいな(^●ω●^)

 

 

コチラもオススメ!

茂木健一郎さんに伝えたい。-英語学習にTOEICはやっぱり必要だ。

TOEICの対策ならお任せ!