カワウソが人間界最強の言語を手にする物語

カワウソは、英語する。

英語 英語-英検

2017年度 第2回英検1級一次試験結果

更新日:


はいどうも、カワウソだよ。

 

 

2017年度、第2回実用英語技能検定一次試験の結果を公表するよ。

英検一次試験、ついに合格

2017年度 第2回 実用英語技能検定結果

 

リーディング

大問1(短文の語句空所補充) 15/25

大問2(長文の語句空所補充) 5/6

大問3(長文の内容一致選択) 7/10

正解数 27/41(66%)

スコア 676/850

 

リスニング

Part 1 (会話の内容一致選択) 6/10

Part 2 (文の内容一致選択) 7/10

Part 3 (Real-Life 形式の内容一致) 2/5

Part 4 (インタビューの内容一致) 1/2

正解数 16/27(59%)

スコア 658/850

ライティング

内容 7/8

構成 7/8

語彙 6/8

文法 6/8

合計 26/32(81%)

スコア 727/850

一次スコア合計 2061/2550

合格基準 2028

 

ということで、

まさかの展開、英検1級 1次試験合格しました!!

 

3度目の挑戦でようやく一次試験合格を果たすことができたよ。

語学で苦労していた自分をねぎらうとともに、これから二次試験に向けて対策をしていくよ。

 

英検1級一次試験合格感想・これから

 

とはいえ、単純に喜んではいけない。

というのも英検バンドはG1+2 という、結構ギリギリの位置だったんだ。

 

しかも、リスニングがマジでできていない状態での一次試験合格だ。

 

リーディング 66% (合格者平均と同じ)

リスニング 59% (受験者平均未満)

ライティング 81% (合格者平均より少し高い)

 

なんと、リスニングに関しては合格者どころか受験者平均よりも低い点数だった。

 

リスニングの酷さをライティングでなんとか挽回して取得した一次試験合格だよ。

 

で、リスニングが悪すぎて、本気で落ちたと思っていたよ。

 

というのも、とある非公式サイトから正解率×850 でスコアを予測したときは、

ライティングが満点でも不合格

という結論に至っていたんだ。

 

本気で落ちたと思って、パス単まで買ってしまったよ。

 

なお、PASS単を読んでみるとAレベル(基本レベル)の単語もちらほら未知の単語が出てきたよ。

実は語彙力もかなり危なかったということだね。

この点はしっかりと反省をし、次につなげていくよ。

 

 

また、これから英検1級を受験する人にお伝えすることがあるとすれば一つ。

少なくともほぼ確実にいえることは

リスニング・リーディングの正答率が6割でも勝算はある

ということかな。

単純に、正解数に何かを描けた値が英検スコアというわけでもなさそうだし、とりあえず6割正解でも可能性はあると思っているよ。

 

特にリスニングに関しては、正答率が合格者平均より20%近く低いぼくが突破したんだから、なんとかなるんじゃないかな。

 

で、2次試験日は11/12。

この記事を書いている2週間後。

正直、キチキチにやらないと難しいと思うよ。

でも、せっかく受かっちゃったので、頑張るよ。 お金も無駄にしたくないしね。

今回はここまでだよ。

面接練習と称して可愛い外国人女子に会いに行く頑張るよ(^●ω●^)

 

 

1年前の私へ

今これを編集しているのが2018年10月

ちょうど一次試験に合格してもうすぐ1年が経とうとしているよ。

 

しかし、それでもいまだに二次試験には合格できておらず、今回を落としたらまた一次試験からやり直しとなるよ。

 

英検1級発受験者の方に一つアドバイスを言っておくならば、

一次試験で求められることと、二次試験で求められることは、少し具合が違うということ。

これを胸に刻んでおいてほしいよ。

 

なにせ、二次試験はスピーキング能力のみが見られる。

一次試験がたとえリスニングが悪くても他の分野で挽回できたのとは具合が違う。

スピーキングの能力ができてれば合格、できなければ不合格という無慈悲な世界だよ。

 

二次試験合格率は6割程度だそうだけれど、これを読んでいるみんなは、油断しないでちゃんと勉強しよう(^●ω●^)

 

さらに追記

一次試験免除最終回で、合格まで1点差で不合格という、逆にレアな落ち方をしたよ。

これで一次試験からやり直しだね。

つらいものがあるよ。

 

ここでかんがえたのだけれど、英検1級の二次試験は総合力がモノを言うと思っているよ。

というのも、二次試験の面接では、一方的にスピーチをするだけではなく、監督者との会話も必要となってくる。

その際、リスニングの能力が低ければ、相手のいうことを理解するのにエネルギーを費やしてしまうだろう。

 

あるいは、ショートスピーチでは当然ライティング能力と関係してくる。

トピックを素早く的確に読むにおいてはリーディング能力も多少関係してくるだろう。

 

そういうことを考えると、英検1級の二次試験というのは、R・L・Wの3つの能力どれもがある程度なければ難しいと思うよ。

僕はリスニングの力が致命的にだめで、二次試験で連続不合格な原因はそこが関係していると思っているよ。

 

これから二次試験を受験される方は、一次試験で試された3つの能力が、すべてまんべんなく取りこぼしのないようできるようになっておいた方がいいと思っているよ。

 

 

コチラもオススメ!

2018年度第2回英検1級 二次試験 結果

第3回英検二次試験結果

TOEICの対策ならお任せ!

-英語, 英語-英検
-,

Copyright© カワウソは、英語する。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.