極限の英単語 使ってみた感想 超上級者用の英単語帳

2019年3月14日 0 投稿者: yamada-otter

はいどうも、ヤマダカワウソだよ。

次回の英検対策として究極の英単語を復習しているけれど、それと同時に、『極限の英単語』を購入したよ。

前回の英検の一次試験を受けた感触から、究極の英単語で賄っている12000語だけで合格点に到達できることは判明したけれど、次回はより確実に点を取っていきたいと思い、『極限の英単語 15000語』を購入するに至ったよ。

 

今回は、『極限の英単語 15000』をぱらっとめくってみた感想を書いていくよ。

 

SVL(究極の英単語)の続編を想定

12000語では足りない

この『極限の英単語』。究極の英単語と名前は似ているが、作者は同じではない。

ただし、明らかに究極の英単語の続編を想定している

 

というのも、『極限の英単語』作者のHPにある『究極の英単語』予備知識の中に「SVL(究極の英単語)12000を何はともあれ覚えましょう」とある。

実際、国内の書店で広く販売されている英単語帳のMAXが12000語程度だろうから、SVLを使用するのは妥当だろう。

 

しかし、この作者によると、12000語だけでは英語学習として不十分だというのだ。

作者のなりしかさんは、ネイティブはどのくらいの英単語を知っているのかを分析した。

その結果、平均的なネイティブの語彙数は27000語強という結果になった。

 

しかし、市販の単語帳ではその半分さえ覚えられない。

12000語をマスターした人はこれ以上単語帳に頼ることはできないのだろうか。

 

そういう人を考慮して作られたのが、この『極限の英単語』そして、さらにレベルの高い『終極の英単語』だ。

この単語帳シリーズを全部覚えると、マックス32000語レベル、ネイティブの中でも教養のある人レベルの語彙力が身につく

32000語とまではいかなくても、15000語あれば英検1級の単語問題はほぼ満点が取れるだろう。

 

SVL12000語レベルを踏破した人、英検1級でさらなる高得点取得を目指す人の需要にこたえた単語帳ということだね。

 

 

『極限の英単語』を読んだ感想

アルファベット順で例文はなし

 

さて、この『極限の英単語』。実際のところどうなのだろうか。

購入してみたところ、究極の英単語(以下SVL)とは異なる部分がいくつもあったよ。

 

まず購入時点で大きく違う。

SVLはkindle版と単行本版とがある。紙の辞書・紙の本に慣れている人にとっては単行本版という選択肢がある。僕も紙バージョンを買っているよ。

一方の『極限の英単語』。こちらはkindle版しかない。

紙の本に慣れている人にとってはちょっと注意が必要かもしれないね。

 

そしてもうひとつ。単語の並び方もSVLとは大きく違っていた。

まず、アルファベット順なこと。そして、例文がないことが大きな特徴だろう。

 

SVLでは、例文のあるパートと例文のないパートとがある。

その中で特に例文のあるパートは、ひとつの文章で新しい動詞、名詞、副詞などが同時に出される。

例文を読んで覚えることを前提としているから自然だね。

 

しかし、この極限の英単語にはそれがないよ。

無機的に英単語がAから並べられており、例文は存在しない。

 

一見不親切だけれど、むしろこちらの方が混乱しなくて済むと思うよ。

例文のある単語とそうでない単語とがあったら逆に覚えにくい。

シンプルだからこそ、パッパッと覚えることができるのではないかとおもうよ。

 

 

今回はここまでだよ。

まとめると

『極限の英単語』は、『究極の英単語』をマスターした英語上級者向けの英単語帳である。

例文がないなどSVLとの相違点はあるものの、ネイティブと張り合えるだけの単語をマスターしたい学習者にはオススメ

 

今回はここまでだよ。

近いうちに、自分が手を付けていない英熟語・句動詞の単語帳も買おうと思うよ(^●ω●^)


コチラもオススメ!

 

究極の英単語(SVL)Vol.3を 2周してみた感想

【英検1級勉強法】1ヶ月で3000語覚える方法を紹介する

TOEICの対策ならお任せ!